目指す場所は同じだから、性癖の相性はバッチリ

自分の隠された性癖を知ることは、本当の自分を知ることなのかもしれない。そう思ったのはずいぶんむかしのことでした。

私はサラリーマンで、毎日決まった暮らしをしています。実家に住まわせてもらい、給料の大半は将来のために貯金して、しかし彼女がいないためにそのお金の有効な使い道は無い、という、今考えると恐ろしいくらい無色透明な存在でした。

趣味は晩酌といった有様で、だんだんと体もたるんできたし、なんだか人生楽しくないな、と思っていた時のこと。呼びこみに「安いですよ~」と誘われて、ついふらっと入店したSMバーで私の人生は輝きを取り戻しました。相手をいじめることがこれほど楽しいだなんて知りませんでした。セリフみたいなイジメ言葉もすらすら言えるし、ストレス発散になる。何よりも興奮が止まらず、これは新たな世界が開けたな、という感覚がありました。

逆にMを演じさせてもらったのですがそっちはダメでした。結局S側でプレイしていた方が自分には合っていると思わざるを得ませんでした。
そこから毎週通っていたある日、広告を見かけました。そこにはSM出会い系サイトのアドレスが載っていました。

私は、どうせお金を払うなら現実世界でのおつきあいもいいかな、という気持ちで、SM出会い系サイトに登録してみました。

もちろん出会い系サイトなんて利用したこともないので最初はどうなることかと思いましたが、セキュリティもしっかりしていそうだったので安心して登録までこぎつけました。
ちゃんとSのグループでの登録でしたので相手のM側が見つけやすく、意外とかわいい子もいるな、というのが第一印象でした。
これは、と思うような美女をターゲットにして、メッセージ送信。
そうするとけっこうノリノリで返信あり。

これは脈ありか?と思った私は攻勢をかけ、翌月に都合をつけて会うことになりました。都内のカフェで待ち合わせしました。
この子は、メッセージではちょっと強気なくせに、意外と会ってみるとMっ気全開という代物でした。
さっそくテストをするために、ちょっとした言葉責めをしようとすると、「こういうところではイヤ~」というので、ホテルに行くことに。

「最初っからそっちが目的だったんじゃないの?」とちょっとイジワルに言うと、嬉しそうな困ったような複雑な表情。でも嫌がってはいない。
やはり正真正銘のMだな、と確信した私は、ホテルに入ってからも執拗に言葉責めを続けました。そうしたら責められているだけで彼女が感じてきてしまい、我を忘れて狂ったように抱きついてきました。後はお察しのとおり。私は初めて自分が野獣になったような気がしました。彼女もそんな私を望んでいるかのように、喘ぎました。

相性も良く、そのままお付き合いすることになりました。お互いの性癖が一致することって、こんなに幸せなことなんだと初めて気づきました。

おすすめSM出会いサイト

10年以上、いろいろなSM出会い系サイトを利用してきた私が、ここなら間違いなく得をするという3サイトを厳選しました。真剣に出会いを求めるなら、ほぼハズレなく出会えるサイトのみですので、安心して利用してください。

 SM愛玩倶楽部

元祖SM出会い系サイトといったらここ!おそらく何十サイトとあるSM出会い系の中でも最大手であり、かつ1番の老舗サイトなのではないでしょうか?それくらい、皆に親しまれて活用されている定番サイトです。

右も左も分からない、というSM初心者のかたでしたらここから初めていただければまず間違いありません。なにしろ無料ですべての機能をつかうことができますし、会員数だって日本最大級だと思われます。SM世界の第一歩としてはオススメです!

 主従誓約書

こちらはM女がこぞって登録するというM女の聖地とも言われているサイトです。ソフトからハードまで、男が「これをやってみたいな」と思うプレイをされたがっているM女がほぼ間違いなく見つかります。

たとえばスカトロ趣味なんてめったにいないだろう……と検索をしてみたら、何百人とヒットしてびっくりしたくらいです。とりあえずM女をセフレにしてみたい、という人にとってはうってつけのサイトといえるでしょう!

 Dressage

こちらも総合的なSMサイトではあるのですが、どちらかというとS女が多いことで知られています。ふつう、どんなSMサイトも女性の中のSM比というのはダントツでM女のほうが多くなりがちなのですが、ココに限ってはS女のほうが多いというとても貴重なサイトになっています。

また、全体的におしゃれな雰囲気となっているので女性ウケもいいようで会員数が多いのも特徴ですね。特にM男を探しているS女の中には、お小遣い制をとっている人も多いので、S女に調教されながらかつ現金を貰えるアルバイト感覚を楽しめるというメリットもあります。