出会い系で出会うための基本的な10のテクニック

original

SMの出会い系というのはとにかく会いやすいのが特徴です。それはもう一般の出会い系をやったことがある人なら、誰しもが直ぐに実感できることでしょう。こんなに簡単にあえるんだ!◯ッピーメールやワ◯ワクメールでのあの苦労はなんだったんだ!と。

それはやはり登録する人が「SM行為を求めている」というゴールが必ず一致していることが一因でしょう。一般的なSNSや出会い系ではなにを求めて出会い系に登録しているか、というのが様々です。ある人は彼氏を作りたいのかもしれないし、ある人はセフレみたいな関係を求めているのかもしれないし、ある人はメールや電話だけの友達……ある人は一生の伴侶となる結婚相手を探しているかもしれません。

一般的なSNSや出会い系では、まず出会いの目的から一致させる必要がありましたが、SM系のSNSや出会い系ではその必要がありません。必ず求めているものはSM行為…つまりは「会ってSM行為≒セックスをする」ということが既に確定しているわけです。

簡単に会える上に、会えたらほぼセックスが確定……まさにSM系のSNSや出会い系というのは最後のユートピアといえるかもしれません。しかし、だんだんと有名になりはじめてきているので……いつその楽園が噂を聞きつけた飢えた男たちによって荒らされてしまう日がくるやもしれません。その前に、おいしい思いをしゃぶり尽くしておきたいですよね。

しかし、そんなユートピアといえどやはり出会いのコツみたいなものは存在します。よりいい女と、より早く出会うためのコツといったかんじでしょうか。いくら会うのが簡単とはいえ売れ残りの魅力が乏しい女とばかり会っていても仕方ないですからね。やはりいい女・魅力的な女から先に売れていくものです。今回はそんな女をいち早く抑えるためのコツを紹介したいと思います。

1.プロフィールは力を入れて、名前も工夫する

まず出会い系におけるプロフィールというのはあなたの顔であり名刺です。そこが雑だったりすると、それだけで出会いのチャンスを自ら放棄しているようなものです。「よろしくお願いします」だけのプロフィールに誰が魅力を感じるでしょうか?

また、登録する名前も一工夫しましょう。一番無難なのは、本名のしたの名前を少しもじることです。隆史であればタカ、博であればHIROといった具合です。これはほんとに可もなく不可もなくといった感じで、相手にマイナスの印象をあたえることもなく、プラスにもなりません。

でも名前なんてのはそんなものでいいと思ってます。男でやってしまいがちなのは、タバコや酒、クルマなどの名前をそのまま自分につけてしまうことです。男からするとかっこ良く感じるのですが、実はこれって女性からすると大不評。ダサいとのもっぱらの評判です。

もう一つ無難なのは食べ物の名前をつけることでしょうか。マカロンだのあんみつだの、あんまり甘ったるい名前は男がつけるには気持ち悪いですが、ちくわとかガンモのような……上手く言えませんが、なんとなく身近でいて微妙な立ち位置にいる食べ物はけっこう好印象だったりするそうです。

2.メールの内容や長さはとにかく相手に合わせる

メールのやりとりの仕方なんてのは人それぞれであり、絶対的な正解なんてものはありません。しかし、相手に合わせるというのはほぼ正解であるといえるでしょう。

メールの長さだったりテンションだったりというのは、相手のをそのままオウム返しにすればいいのです。相手が長文であればこちらも長めに(面倒であれば少し短めに)、テンションが高いメールであればこちらもテンションを高めに。

逆に短いメールに長々と長文で返信したり、相手のテンションが普通なのにこちらだけハイテンションな内容を送ってもすれ違いを感じてしまい、シラけてしまうだけです。

メールを送るタイミングだってそうです。相手がすぐに返してくれる人であればすぐに。間を空ける人であれば少し間を空けて。もちろん、これは出来る範囲でかまいません。自分がメールをチェックして送れる時間というのは限られてきますからね。

3.プロフィールの写真は登録する

ちょっと前までは「なるべく登録したほうがいい」と言った感じでしたが、今ではほぼ必須になっている印象です。まあ、これも自分の立場になってみたらわかりやすいですよね。写真を載せている女性と載せていない女性。どちらにより興味を惹かれるかという話です。

もちろん、写真を見たらブスだったから興味を失う、という話もありますが(笑)でも、ブスかどうかが気になるってことはそれだけ興味を惹かれていた、ということですからね。どうでもよければそもそもチェックすらしないのですから。

なにも馬鹿正直に正面から自分の顔をすべて撮影する必要はありません。ありがちなのは大きな鏡に写った自分を撮る、という自撮りです。全身ではなく、胸から上あたりからが写っていれば十分です。そもそもなのですが、鏡というのはいろんな錯覚がはたらいていて、直接みるよりも若干かわいく、かっこよく映してくれるものなのです。

鏡の種類にもよって変わってくるものがあります。なんだかかっこよく映る鏡と、そうでない鏡ってありませんか?わたしの場合、自宅の風呂場についている鏡というのはいまいちな映りなのですが、屋外のビルの鏡にうっすら映る自分や、デパートのトイレなど、大きくて上等な鏡だとなんだか心なしかイケメンに映る気がするんです。

その中でも撮りやすくてかっこ良く映る、自分だけの鏡を探し出しましょう(笑)あとは携帯で鼻や口元を隠すようにして写真をとれば、出会い系のプロフィール画像にぴったりな自撮り画像の出来上がりです。

マスク効果と呼ばれるものですが、マスクで鼻から下を隠した女性というのはやけにかわいく見えるものなのです。出会い系やニコニコ生放送などで顔を出している女性の多くはこの効果を利用しています。自撮り写真に星やハートなどの画像をあとから載せて口元を隠しているような画像……たくさんみかけませんか?

たとえば、こちらの画像をご覧ください。

a8adc8a35376ffe92f0d9ff57c0bca3712c0fb1d1386601075

右の女の子に注目です。おっ、美人じゃん!と思ってしまうような顔立ちに見えますよね。着ている服や髪型も雰囲気があっていてなんならセレブ女性のような印象さえうけます。ところが、この人がマスクを外してみると……

dbceb96565a465555274b4d067e3fe1d305dfc721386601077

……どうでしょうか?正直、がっかりしましたよね?もちろん、これは動画の中の一瞬を画像にしたものなので、この画像から受ける印象がすべてというわけではありませんが、それにしたってあまりにもギャップを感じてしまいますよね。

このように、隠された部分というのは自分の脳内が自分に都合のいいように勝手に補正してしまうものなのです。口元を隠すと美男美女に見えるというよりは、隠された口元を勝手に美男美女という想定でイメージしてしまうのが原因といえるでしょう。

これは男性がマスクをした画像を女性がみても、同じことです。よりイケメンにみえてしまうわけですね。それも自分にとっての理想のイケメンに。なのでこれを利用しない手はありません。会ったら想像と違った、とがっかりされるかもしれませんが、男視点で言えば「会ってしまえばこっちのもの」ともいえます。

4.会うアポを取るなら週のはじめに

相手の生活環境にもよりますが、多くの場合は週末に休みをとれる環境にいます。なので木曜や金曜日に誘ったとしても、すでに予定が埋まってしまっていてお断りされてしまう…なんてことになりがちです。

なので、この子を誘うと決めたら月曜か火曜日あたりにはもう誘ってしまいましょう。傾向としても、男性は水曜日以降に誘うことが多いようです。なぜかといえば、月曜や火曜というのは週末の気分をまだ引きずっていて、なにをするにもなかなかモチベーションがわかないものです。

でも木曜や金曜あたりになると、週末が近づいてきて手の届く範囲になってきますので、週末に向けて頑張ろう!とやる気が出てくるわけですね。仕事でも、出会い系でも、それは同じことのようです(笑)なのでそういった出遅れがちなライバルに先んじることが大事というわけですね。

5.待ち合わせをするなら夜の19時以降に

特に初めて会う場合はこの位の時間がベストです。仮に日曜の12時に会おうと誘ったとしましょう。その時、女性はこう考えます。

「その時間は別に空いてるけど…もしそんな時間に会って好みじゃなかったら…楽しくなかったら……夕方か夜になるまでずっと一緒にいないといけないこと???」

もちろん、それは男性にも言えることです。楽しくも好みでもない女の子とずっと「いなきゃいけない時間」というのは相当苦痛ですよ!

このような悲劇を避けるためにも、初めて会うときは夜になってからがいいでしょう。夜であればお酒も自然に飲めますし、そのままお持ち帰りという古典的な手法も使えます。

それにもし悲劇的な出会いだったとしても、1,2時間我慢すれば済みますので「それくらいなら別にいっかあ」と思って会うことを承諾してくれるわけですね。

時間的に昼間しかあかないという場合であれば、その日は事前に会ったとしても1,2時間くらいにしておきましょう。ということを予め伝えておくと相手を安心させてあげることができます。

 SM出会い系では最初に会うことを「面接」ということが多いです。

その名の通り、短い時間で相手を見極めるという意味ですね。「本番」は「面接」を終えた次の回からというわけです。もちろん、面接の結果がお互いに満足の行くものであれば、即日本番というのもよくある話です。

6.待ち合わせや食事は人が多く、明るい場所で

出会い系で会う際に、より多くのリスクを抱えているのは女性側です。もし男と女で取っ組み合いになった場合、ほとんどのケースでは男性のほうが上回りますからね。力づくでどうこうされてしまうかもしれない、というリスクがあるわけです。

なので少しでも安心させてあげるためにも、待ち合わせ場所や食事をとる場所は、人が多く明るい場所にしてあげましょう。ここのほうが人が少なくて待ち合わせにわかりやすいから、といってヘンピな場所を親切心から指定する人もいますが、多くの場合それは余計なお世話になりがちです。

もっとも、これは自衛手段でもあります。今では珍しくなりましたが、美人局の被害もなくなったわけではありません。待ち合わせをしてなんだか人気のないところだなあ、と思っていたら奥から怖いお兄さんが…なんてこともなくはないのですから。

7.あまり静かな喫茶店などではなく、賑やかなファストフード店やファミレスにする

SM出会い系で会った二人がなにを話すかといえば、それはもちろんSMに関連する話題です。しんとしたジャズの流れる喫茶店で「スカトロの経験は?」だったり「アナル関係はどこまでいけるの?」なんて話題が響き渡るのは、さすがに自重したいところです。

なので最初はマクドナルドだったり、ファミレスだったり、居酒屋だったりと、人が多くて周りが騒がしい場所を選ぶのがいいでしょう。もちろん、選べるのであれば人からちょっと離れた席が好ましいです。

8.外見や服装などを必要以上に褒め過ぎない

女性は褒められれば嬉しい。よく言われることですし、事実でもあります。出会い系のハウツーなどをまとめたところだと、とにかく女性を褒めろ!なんて書かれてたりするものです。

ですが、SM出会い系ではそれは得策とはいえません。挨拶程度にさらっと言うのであればいいのですが、あまり何度も褒めるというのはいただけません。特に、自分がS男側であればなおさらです。

M女からしたらこれから服従する側である未来のご主人様が「自分のご機嫌取り」のためにお世辞をならべてくる…なんて思ったら、もうその時点で気持ちは冷め切ってしまいます。

かといって冷たく当たればいいわけでもないから、むずかしいところではあるのですが …。とりあえず、媚を売りすぎるのはNGと思っていてください。M女というのは、けっこうそういうところは敏感で目ざといのです。

9.2回目のアポはすぐにとる

もし1回目の「面接」を経て好感触だったのであれば、別れたその日のうちに次のアポを取るくらいの勢いでいきましょう。遅くても翌日には誘うべきです。

早ければ早いほどこちらの熱心な気持ちを伝えることが出来ますし、誘われた側も「自分を気に入ってくれた」という感情をダイレクトに感じることが出来ますので、いい気分になるものなのです。

ここでOKしてくれるような相手であれば、もはやセックスは貰ったも同然です。普通の一般的な出会い系であれば、3回までは普通のデートをしよう!がっついてると思われます!なんてコツが書かれていたりしますが、SM出会いではそんなコツはまったくいりません。

2回目に会うことを了承するということは、それはセックスを了承するも同義なのです。もはやラブホテルの前で直接待ち合わせしてもいいくらいなのですから。実際、それを提案してみるとジョークとして笑ってくれますし、ノリのいい子であれば本当にラブホの前で待ち合わせしてくれたりしますよ(笑)

10.したいプレイ・興味があることは詳しく事前に聞いておく

SM出会い系なのですから、会ってすることはSMプレイです。なので、会う前に必ず希望のプレイや興味のあることを聞いておいてください。会ってから聞くようなことは失礼に当たります。(もっともそれを言わないまま会う女性側もどうかと思うレベルですが)

ここがぴったり合う相手をじっくり探すもよし、多少は妥協して相手に合わせるもよし。SMプレイというのは経験がものをいいますので、わたし個人としてはいろんなプレイ経験をつむためにもいろんな人と出会いました。

一度、超がつくほどの美人さんと会ったことがありますが、彼女が筋金入りのスカトロプレイヤーだったことがありまして……。わたしの趣味を聞くと、みんな引いていくの。と、とてもかわいらしい笑顔で語っていたのと、強烈なうんこの匂いを今でも鮮明に覚えています。

オススメSM出会い系サイトランキング

出会い系サイトでM女を見つければ、会えばかならずセックスができるし、あなたの言うことはなんでも聞くようになるものです。

わたしがこれまで数年間SM出会い系サイトを利用してきた中で、もっとも出会えたサイトを紹介します。

>> オススメSM出会い系サイトランキング